嬉しく笑う女性
  • ホーム
  • もしかして妊娠?と思ったら妊娠検査薬を

もしかして妊娠?と思ったら妊娠検査薬を

生理が遅れていると、もしかして妊娠しているのかもしれないと思うでしょう。
自分で判断することが難しいので、そのような場合は妊娠検査薬を使用しましょう。
妊娠検査薬はドラッグストアなどで購入することができ、使用方法も尿をかけるだけという簡単なものです。

しかし、妊娠していても妊娠検査薬で判定できないことがあります。
そもそも、検査薬は、妊娠すると分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンに反応するように作られています。
ヒト絨毛性ゴナドトロピンは、受精卵が子宮に着床すると分泌量が増えていきますが、市販の検査薬では尿の中の数値が一定以上の値にならないと判定できません。

ですから、生理開始予定の1週間後が妊娠検査薬を使う目安の時期になります。
生理不順の場合は、前回の生理と前々回の生理の間隔を調べて、予定日を計算しましょう。
前回の生理がいつきたか忘れてしまった場合は、セックスしてから3週間後が目安になります。

妊娠を希望している場合、早く自分が妊娠しているかどうかを知りたいと焦ってしまうことがあります。
しかし、妊娠検査薬は生理開始予定の1週間後からしか使うことが出来ません。
フライング検査をしてしまうと、妊娠していてもヒト絨毛性ゴナドトロピンの分泌量が少なく、精度が低くなってしまいます。
せっかく妊娠しているのに、陰性という結果が出ることもあります。

フライング検査には、適した妊娠検査薬があります。
生理予定当日に測定できる、通常の検査薬よりも精度が高い検査薬です。
ドラッグストアではあまり販売されていないので、購入を希望する場合は調べてから買うようにしましょう。
通常よりも早く妊娠したかどうかを早く判定することができ、時期も早くなります。

フライング検査では、尿の中のヒト絨毛性ゴナドトロピンが普通の検査薬よりも半分の分泌量で判定できるようになっています。
尿をかける時間などには注意して、使用後は判定が出るまで水平にして待ちましょう。

病院などの医療機関でしっかりと妊娠検査をしましょう

妊娠検査薬で陽性という結果が出れば、妊娠していることが分かります。
しかし、この検査で判定しているのは、ヒト絨毛性ゴナドトロピンが分泌されているかどうかという点です。
正常妊娠はもちろんですが、子宮外妊娠などでも同じ結果が出ます。

そのため、妊娠検査薬で陽性の結果が出たら、病院などの医療機関でしっかりと妊娠検査を受けましょう。
初めての妊娠の場合は緊張するかもしれませんが、産婦人科に行きます。
受付を済ませると、尿検査を行います。
カップに尿を取る一般的な検査です。
医師の診察では、問診を行い、触診や内診が行われます。
超音波を当てるエコー検査をすることもあります。

これらの検査を行うと、お腹の中の状態を知ることができます。
妊娠は、最後に生理が来た日を妊娠0週と数えます。
ですから、生理予定日の1週間後というのは、妊娠5週に入っている計算になります。
5週の段階では、まだ赤ちゃんの姿を確認できず、来週くるように言われる場合もあります。

病院で妊娠が確定するのは、妊娠6週目以降、赤ちゃんの心臓が動いているのが確認できたときです。
ただ、最後の生理の日にちから計算しているので、多少前後する場合があります。
病院に行くときは、最後にきた生理の日にちが分かるようにしておくといいでしょう。

ただ、もし生理の日にちを忘れてしまっても、妊娠が進んでいく段階で、医師が赤ちゃんの状態を見て修正してくれるので安心しましょう。
赤ちゃんの成長の段階にも個人差がありますが、7週になるまでには心拍が確認できるようになります。
この時期の1週間というのは、とても長く感じますが焦る必要はありません。
いつも通りにリラックスして過ごすようにしましょう。