嬉しく笑う女性
  • ホーム
  • ピル以外で避妊に一番効果的なのは何?

ピル以外で避妊に一番効果的なのは何?

自分のライフスタイルに合わせて避妊することが、重要視されている近年では様々な避妊方法が存在します。
しかし避妊には様々なデメリットやメリット・失敗率などがあるのでよく考慮して方法を選ぶ必要があり
ます。
避妊の点で比較的高い方法として「ピル(経口避妊薬)」があげられます。

ピル以外にも避妊の方法

しかしピル以外にも避妊の方法はたくさんあります。

IUS(子宮内システム)

子宮の中に小さな器具を挿入し、黄体ホルモンを放出するタイプの避妊方法です。
メリットはピルのような飲み忘れがないこと、器具を挿入している間は効果が続く・ホルモンの影響で生理痛の軽減や経血の量が減るなどがあげられます。
デメリットはやはり異物として体が反応した場合、拒否反応や慣れるまで出血などが出る場合があります。
また医師による挿入・除去手術が必要となり、一般的に効果は約5年間とされています。

IUD(子宮内避妊用具・避妊リング)

ホルモン剤のでないタイプで授乳中などにより経口薬が飲めない避妊希望者にも適した方法になります。
海外では日本よりも普及していますが、医師による装着や除去処置が必要なこと、異物として体が反応してしまうと炎症などがおきて使用が難しいといった点があげられます。
装着後2~5年間効果が期待でき、IUSよりも寿命が短い場合があるので注意が必要です。

ペッサリー

柔らかいゴム素材でできた避妊具で、同じように女性の膣内に挿入し使用しますが、しっかりと形に合わせて装着しないと避妊の効果は期待できません。

またIUS・IUD・ペッサリーともに女性主体での避妊が可能ですが、コンドームのように性病感染の予防には効果がありません。
コンドームは避妊方法の中ではもっとも手軽で性感染症などの予防にも効果の高い有名な避妊方法ですが、男性の協力が得られなければ使用できない、常に持ち歩かなければならない
衛生面や穴などがあいてないかなどのデメリットも多いので注意が必要です。

避妊リングが適さない女性もいるので注意

女性側が主体になって避妊ができるIUD(避妊リング)は失敗率も低く、一度装着すれば年単位で効果が持続するので、絶対に妊娠を希望しない場合などには効果が期待できる方法です。
専門の医療機関で装着や妊娠を希望する際は除去することが必須となります。
衛生的にしっかりと管理されたものを使用し、経験豊かな医師によって処置が行われますが、しっかりと装着しても体質的にあわず、器具が密着した部分が炎症を起こすことがあります。

一度炎症が起きると自然治癒をすることは難しく、放置すれば炎症が進行したり、発熱や出血・痛みを伴うこともあります。
通常と違う違和感を感じた場合は早急に医師の診断を受けるようにしましょう。

IUDを希望するあまり、虚偽の報告や我慢をしてしまうと体に大きなダメージを与えることになるので、使用できない場合は別の避妊方法を選択しましょう。
特にアレルギー体質や月経異常がある場合・数ヶ月以内に性感染症などに感染した場合や、婦人病以外の重篤な病気の治療中など、使用することができません。
かなり多くの注意事項があるため、医師とのしっかりとした問診が重要になります。
装着後に使用されている器具の部品に対してアレルギーを起こすケースもあります。
装着後や除去後は特に活動の制限はないと言われていますが、体調によっても左右されるので、あまりに激しい運動や不衛生になるようなことは避けるようにして様子をみるようにしましょう。
自分のライフスタイルにあわせて避妊方法を選択することで、人生設計の計画的な実行や悲しい結果を避けることにもつながります。
メリット・デメリットを考慮しつつ、慎重に自分にあった方法を選択することをおすすめします。